題名 :『修羅雪姫』

登録日時 :02/10/06 22:49

1973年 製作:東京映画 配給:東宝 監督:藤田敏八 原作:小池一夫・上 村一夫 カラー 97分

ひどく血みどろの映画で、流血量がトンデモない。今ならR-15の指定ぐらいは 受けそうだが、なかなかシャープに引き締まった作品で、私の好みとは一致す る。映画のストーリーは現在と過去の回想シーンを行き来しながら綴られるが、わ かりやすくするため、ここでは時系列に従って紹介することにする。




明治6年。政府の徴兵令の発令に伴って、国内は混乱した。
この混乱に乗じて、島根県の小市村で大きな詐欺事件を起こした4人組が現れ た。「金を払えば徴兵を逃れられる」と、大勢から金を集めたのだ。「徴兵の 役人は白い服を着てやって来る」というのが、当時の人々の噂だった。村に白い服を着た小学校教師の一家がやってきた。4人は教師を「徴兵の役 人」として惨殺する。さらに教師の幼い一人息子も殺し、教師の妻を何日も犯 し、4人は金を分けて姿をくらました。

4人組の一人、正慶徳市(地井武男)は教師の妻・小夜(赤座美代子)の体に 惚れ込んでしまったので、小夜を連れて東京にやってきて小料理屋を開いた。 小夜は夫と息子の仇をとるチャンスをうかがって、とうとうある日、徳市を殺 したが、夫殺しの罪で警察に逮捕された。
刑務所を転々としながら小夜は、刑務官達とまぐあいを重ね、「色キチガイ」 と女囚仲間から言われるが、彼女の願いは子供を産んで、復讐を引き継ぐこと だった。そしてついに八王子刑務所(当時は神奈川県)で、小夜は女児を出産するが、 難産の果てに小夜は死亡する。

生まれた子供は雪と名づけられ、女囚仲間に よって、元旗本の僧侶、洞海和上(西村晃)の寺に預けられる。洞海は徹底的なスパルタ教育で雪に戦闘術を教え込む。雪が倒れると「立て! 立つんだ、雪!」と叱咤する。「あしたのジョー」のパロディなのだろうか?

それから月日が流れ、成人した雪(梶芽衣子)は洞海の元を巣立つ。復讐に雪 のような白い肌を血に染める、修羅雪姫となって。

雪は生き残りの三人の行方を乞食差配の松五郎に捜してもらうために、松五郎 の敵である浅草のやくざの親分、芝源(小松方正)を斬った。松五郎の調査で 4人組の一人、竹村半蔵(中谷昇)の居場所がわかる。
竹村は落ちぶれて、いまや病の身になっていたが、命乞いをする竹村を容赦な く雪は殺す。竹村の娘、小笛(中田喜子)は孝行娘で父の薬代を稼ぐため、父 に隠れてやくざの浜勝一家の元で、アルバイトの女郎をしていたが、父を失 い、東京に向かう。なお浜勝一家のチンピラに松崎誠、阿藤海がいて、政、亀 と名乗っていた。

さらに松五郎の調査で、4人組の首謀者、塚本儀四郎はすでに死んでいること がわかる。雪は塚本の死が信じられず、塚本の墓まで行ってみたが、そこで文 筆家の足尾龍玲(黒沢年男)と出会う。足尾は雪に好奇心を抱き、洞海から全ての事情を聞き出して、この一件を小説 「修羅雪姫」として、公開する。

小説を読んだ4人組の最後の生き残りの女、北浜おこの(中原早苗)は、抱き込 んだ警官隊に命じて足尾を拘束し、自 らが経営する料亭、花月に拉致する。警官隊のリーダーは、今やTVも映画も 引っ張りだこの小野武彦だった。小笛から事情を知った雪は花月に駆けつけ、警官隊をブッ殺して、おこのを追 うが、隠し部屋でおこのは首を吊って死んでいた。復讐を果たせなかった雪は無念の思いを込めて、おこのの胴体を真っ二つにする。

これで4人組はすべて死んだかに見えたが、死んだはずの塚本儀四郎(岡田英 次)は名を変え、武器商人として生き残っていた。今は鹿鳴館を隠れ家にしている。そ して足尾は塚本の実の息子だった。

雪と足尾は鹿鳴館に乗り込み、塚本を倒すがそれは替え玉だった。隠し部屋に 潜む塚本を見つけ、二人は後を追う。しかし塚本はピストルを持っていて、雪 の右腹を撃つ。足尾が塚本を押さえつけて指示するまま、雪は親子二人を突く。塚本は断末魔 の抵抗をするが、「因果応報!」と叫んで、雪は止めを刺す。

フラフラの雪が鹿鳴館の外に出ると、白く雪が降り積もっている。ヘロヘロし ている雪の左胸を、駆け寄った小笛がドスで突く。降りしきる雪の中、雪に死 期が近づく。(終わり)




すんごいハード・ボイルド・アクションで、血の噴出がただごとでないし、手足が切断されてぶっ飛びまくり。日活でエロ映画を取っていた藤田敏八(ツウはビン パチと読む)は、何か欲求不満だったのだろうか?後年の作品、例えば「スローなブギにしてくれ」とかは、思いっきりダルイんだけど、この映画のテン ポ感覚は、とてもいい。深作欣二もかくや、という絶好調ぶり。

主演の梶芽衣子もいい。返り血に染まって、キッと相手をにらむ目線がりりし く、とても美しく、凄みがある。日本一返り血の似合う女優だ。

--------------------------------------------------------------------------------
時代劇映画感想文集トップへ